ダイビングに必須のタンクの種類とウェイト

ダイビングに欠かせない機材の一つにタンクが在ります。
これは酸素ボンベとも呼ばれているもので、水中で呼吸をするために欠かせない存在です。
尚、ダイビングに使用するタンクと言うのはアルミニウム合金のタイプとスチール製の2種類が在ります。
また、一般的な酸素量は10リットルタイプと8リットルタイプが利用される事になりますが、ダイビングを行う時にはウェットスーツを着用して行う事が多く、ウェットスーツには浮力が在るため、そのままでは水中に潜ろうとしても、潜る事は出来ないので、浮上してしまう事になります。
そこで鉛で出来ているウェイトと呼ばれる機材を腰ベルトに通して装着を行う事で浮力を打ち消すことが出来るようになるため、水中散歩が可能になると言う事です。
尚、タンクの容量や材料が異なる事でタンク自体の重量も変わるため、浮力を打ち消すために使用するウェイトの量も変わるのが特徴ですし、機材の量などによってもウェイトを変える事がダイビングでは必要となります。

ダイビングの水中でのハンドサインについて

ダイビングの水中でのハンドサインについて ダイビングは一般的に30メートル前後の水中で酸素ボンベから供給される酸素をレギュレーターと呼ばれる機材を利用して呼吸をしながら楽しむマリンスポーツです。
水中では2名一組で行動を行う事が推奨されており、相手の酸素が残り少なくなった時などは、レギュレーターに付属しているオクトパスレギュレーターを使って酸素を相手に供給しながら浮上をすると言ったことも必要となります。
水中では様々な生物が生息しており、地形などを楽しみながらのダイビングは魅力を感じる人も多いものですが、水中では相手との会話をすることが出来ないため、ハンドサインと呼ばれる方法でコミュニケーションを取る事になります。
ハンドサインは相手の状態を把握する目的でも利用されるのが特徴で、常に相手に対して親指と人差し指を丸い形にしてOKかと言ったサインを送り、大丈夫な状態であれば同じようにOKのサインを出して相手の状態、お互いの状態を確認することが大切です。